ヴォクシーのスライドドアが開かない!閉まらない!故障の原因は?

突然、スライドドドアが開かなくなったら、あなたならどうしますか?

 

1か月前のことです。

 

息子をスイミングへ送って行き、1時間程観覧席で見学。

 

まだ小学3年生なので、まだなかなか上手くはありませんが、行きたくないといいながらも必死に頑張る姿には感動します。

 

スイミングが終わり、恒例のアイスを買い駐車場へ。

 

そして、私が後部座席のスライドドアを開けようとすると、電動スライドドアが作動しません。

 

おかしいと思い、スライドドアの所まで行き、ドアノブを引きますが全く反応がないんです。

 

そこで、反対側に回って手動のスライドドアを開けてみると問題なく開ける事ができます。

 

???

 

まさか故障??

 

と思いその日は遅かったので、とりあえず帰宅。

 

妻にこの事を話すと、「パパの開け方がおかしかったんじゃないの?」と少し怒られる始末。

 

とりあえず次の日に、いつもお世話になっているトヨタに持って行ったんです。

 

するとやっぱり故障のようで、原因はモーターだという事がわかりました。

 

修理代については後から書きますが、ビックリの値段なんです。

 

まずここでは自分なりに調べた、ヴォクシーのスライドドアの不具合の原因から書いてみたいと思います。

 

モーターの故障

 

私もこの故障でしたが、ヴォクシーの電動スライドドアはモーターによって動かされています。

 

このモーターは人間でいってみれば心臓のようなもので、スライドドアもモーターが故障すると全く反応がなくなってしまい、スライドドアが動きません。

 

ゴムパッキンがドアに挟まる

 

この故障も実はあなどれません。

 

実は私の友人がこれになっていたとの事。

 

スライドドアと車体本体の間には、黒いゴムパッキンがあるんですが、このゴムパッキンが古くなってくると形が変形してしまい、ドアと本体に挟まってスライドドアが開かなくなってしまいます。

 

ワイヤーの劣化

 

電動スライドドアの内部には、スライドドアを開け閉めするためのワイヤーがあります。

 

実は外からでもガラスの下の溝を見るとみる事ができるんですが、このワイヤーが古くなると切れたり、伸びてしまって電動スライドドアが途中で止まったり、閉まらなくなってしまいます。

 

以上がヴォクシーのスライドドアが開かなくなる主な原因です。

 

そしてここからが本題の、スライドドアの修理代です。

 

実は私もこの修理代をかなりあなどっていたんですが、驚きの値段なんです。

 

その値段が、8万円〜10万円です。

 

かなり高い金額ですよね。

 

実は、内情を話すと部品代はそれほど高くはないんですが、内張りを外したりといった作業がある為、ほとんどが工賃の価格となっています。

 

部品代は1万〜2万円程です。

 

ですがこの価格はどこに行ってもほぼ同じ。

 

そこで、なるべく安く車を直したい人に提案したいのが、私がやった今乗っている車を売って次の車に乗り換えるという方法です。

 

正直この故障が出てきたという事は、今後他にも色々な故障が出てきます。

 

ですので、ここでこの金額を払うのはちともったいないと思うんです。

 

そこで利用してもらいたいのが車の一括査定というサービス。

 

このサービスは愛車の簡単な情報を入力すると、数社の買い取り業者が一括で車の査定をしてくれます。

 

業者は古い車でもなるべく買取たいから、こぞって競い合うように高い金額を提示してくれます。

 

その中から、自分が納得できる金額を提示してくれた買い取り業者に車を売ることができます。

 

もちろん、査定をして必ず売らなければいけないわけではないので安心して査定をすることができます。

 

しかも査定は無料!!

 

よければ試してみてくださいね。